当院では鼻の手術で可能なものは局所麻酔下に日帰りで行っています。主には鼻中隔矯正術、粘膜下下甲介骨切除術、甲介切除術、内視鏡下副鼻腔手術、後鼻神経切断術です。高度病変は局所麻酔では困難なことがあるため、近隣の施設に入院の上、全身麻酔下に私が執刀させていただいています。手術の説明をするときによく、患者さんに局所麻酔の日帰り手術と全身麻酔の入院する手術の違いはなんですか?と聞かれます。私も勤務医時代、大学勤務時代は全身麻酔での入院する手術をずっとしていました。手術手技の向上、鎮痛や鎮静について慣れてくると、ある程度は局所麻酔でも手術が可能になります。さらに局所麻酔で手術をしていると、より高度な病変でも局所麻酔下に手術ができるようになってきます。要するに「慣れ」の問題なのかもしれません。これは医師のみではなく、コメディカルも慣れていることがとても重要です。 全身麻酔と局所麻酔の手術の大きな違いは、術後の回復(リカバリー)でしょう。全身麻酔は麻酔薬が全身に効くため、術後にけだるさや嘔気がでることがあります。麻酔薬が完全に体内からなくなるまで時間がかかるため、入院しなければならないことが多いのです。ただ、日帰りの全身麻酔に慣れている麻酔科医がいればこのリカバリーは短くなるようです。局所麻酔は基本的には鼻にしか麻酔はかかっていないため、術後の回復が早く、そのまま帰宅できるのが一番のメリットです。 また、全身麻酔は完全に鎮静がかかっているため、手術中のことは何も覚えていません。これは全身麻酔の最大のメリットです。一方、局所麻酔は軽く鎮静はかけますが基本的には覚醒している状態ですので、恐怖心の強い方はしんどいかもしれません。これは局所麻酔の手術に影響する因子として重要で、手術がとてもとても心配、手術後になにかあったらどうしよう、と過度の心配をされる方は入院して看護師が常駐している病院で手術をされるとよいかと思います。当院ではこの不安を取り除くように、手術の説明、術後の経過、合併症についてスタッフとともに説明させていただいています。過去の統計では日帰り手術をうける患者さんは、仕事をなかなか休めない、生産年齢層の患者さん(20~50歳代)が多くみられます。手術を受けようかと思っているが、なかなか仕事が休めない方は一度ご相談ください。

日帰り手術はこちら