今年は7月中旬ごろから、咽頭痛や咳で受診される患者さんがクリニックに多くいらっしゃいます。中には扁桃腺が腫れる扁桃炎の方もいらっしゃいますが、多くは夏風邪であろうと思われます。夏風邪とは、おおまかな表現で夏に流行するウィルス感染症のことを指します。主なウィルスはエコーウィルス、コクサッキー、アデノウィルスであり、お子様に流行するヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜熱をひきおこします。ヘルパンギーナは高熱、のどに水疱や潰瘍ができます。発熱は2-4日でおさまることが多いです。手足口病は名前の通り、手・足・口に水疱ができます。症状はヘルパンギーナに比べて軽いことが多いです。咽頭結膜熱はプール熱と呼ばれ、感染力が強く、集団感染しやすい疾患です。咽頭痛とともに発熱の期間が長くなりがちです。

ウィルス感染に対しての有効な薬はなく、症状への対処療法が主体となります。通常は数日かけて自分の力で治っていきます。症状が悪化したり、発熱が長引く際は医療機関を受診する必要があります。

こうした疾患のほとんどは飛沫感染といって、せき・くしゃみなどからウィルスがうつります。手洗い、うがいはいうまでもありませんがマスクをしたり、夏バテしないような生活が大事になります。