2016年は11月ごろからインフルエンザA型の患者さんがポツポツとでていました。その後はノロウィルスをはじめとする感染性胃腸炎が一時はやりましたが、胃腸炎は少し収束してきているようです。インフルエンザの患者さんは今年に入ってからもポツポツいらっしゃいます。尼崎市は医師会から毎週サーベイランス情報が送られてくるので、現在周囲でどんな感染症が流行してきているのかが把握しやすいです。この情報は非常にありがたいです。日本全国の状況をとりまとめている国立感染症研究所のデーターではこれから本格的なシーズンに突入しそうです。

innfuru

国立感染症研究所のページ