ここ最近、発熱や咽頭痛で来院する患者さんが増えています。溶連菌(溶結性連鎖球菌)検査をすると陽性だった患者さんが本日の朝だけでも3人ほどいらっしゃいました。お子さんは一人で、あとは大人です。溶連菌は感染力が強く、除菌するためには5~10日間抗生剤を服用しなければいけません。途中で抗生剤の内服をやめてしまうと、リウマチ熱を併発したりするので注意が必要です。持続する咽頭痛や発熱がある時は医療機関を受診しましょう。