兵庫県尼崎市塚口にある耳鼻咽喉科クリニックです【日帰り手術】

耳鼻科情報

  • HOME »
  • 耳鼻科情報

第13回サージフォーラム

小児科 高屋 淳二先生による 「耳鼻科・小児科共通疾患への治療戦略」という講演がありました。   発熱、鼻汁、咳のあるお子様がたくさんいらっしゃいますが、小児科にいったほうがいいのか、耳鼻科にいったほうがいいの …

鼻アレルギー診療ガイドライン

近年、様々な疾患に対してガイドラインなる指針がでています。今までの治療経験、治療成績、新しい知見を含め、現段階で推奨される治療法を掲載したものになります。鼻アレルギー(アレルギー性鼻炎)のガイドラインは2016年ですでに …

夏風邪が流行っている

今年は7月中旬ごろから、咽頭痛や咳で受診される患者さんがクリニックに多くいらっしゃいます。中には扁桃腺が腫れる扁桃炎の方もいらっしゃいますが、多くは夏風邪であろうと思われます。夏風邪とは、おおまかな表現で夏に流行するウィ …

第13回耳鼻咽喉科短期滞在手術研究会で発表しました

大阪のグランフロントで7/10に第13回耳鼻咽喉科短期滞在手術研究会が開催されました。眼科、外科の短期滞在手術の現況がシンポジウムであり、日常生活の延長上でできる日帰り手術のニーズはこれからも高まるだろうとのことでした。 …

2次救命処置のコース

ACLS 大阪の救命コースにスタッフと参加してきました。救命処置、心肺蘇生は普段からの訓練が必要です。今のガイドラインは胸骨圧迫の必要性をとても重視しています。いろいろな病院から研修に参加されており、なかなか刺激的な一日 …

鼓膜の再生手術とは

慢性中耳炎や、外傷性鼓膜損傷(みみかきでついた)、過去に鼓膜チューブを留置していたなどの理由で鼓膜に穴(鼓膜穿孔)があいている方がおられます。検査次第ですが、この鼓膜の穴を再生(閉鎖)する手術があります。手術するメリット …

鼻中隔弯曲症手術で鼻閉が増悪する症例がある? 学会最新情報 vol.4

鼻中隔矯正術後に鼻腔前方が狭小化し、鼻閉が生じる症例について:東京慈恵会医科大学 耳鼻科 飯村慈朗 鼻中隔軟骨尾側端基部の前鼻極への固定法の最近の工夫:東京慈恵会医科大学 形成外科 宮脇剛司 先週の学会の発表で、私も工夫 …

鼻炎の神経反射とは? 学会最新情報 vol.3

アレルギー性鼻炎の病態生理と神経反射について、東京大学の近藤健二先生から鼻粘膜の神経制御に関して非常に興味深く、また面白い講演を聞かせていだだきました。簡単にまとめると、鼻というものは神経反射を通じて呼吸を制御している重 …

小児の肺炎、中耳炎の治療とは? 学会最新情報 vol.2

耳鼻科にはお子様がたくさん来られます。鼻水、鼻づまり、咳、耳が痛いなどの症状は子供がよく引き起こす症状で、当院では現在受診されるおおよそ1/3の患者さんはお子様です。小児の感染症を今一度勉強するために学会でセミナーに出席 …

好酸球性副鼻腔炎術後の処置 学会最新情報 vol.1

先週に開催された第117回日本耳鼻咽喉科学会総会で勉強させていただいた最新情報を発信したいと思います。 好酸球性副鼻腔炎術後の経口ステロイド薬を減量させる 好酸球性副鼻腔炎は平成27年の7月から指定難病となりました。鼻閉 …

« 1 2 3 »
PAGETOP